診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~19:30

★:午後14:00~17:00/休診日:日曜日午後・祝日午後

TEL:0569-29-3778

TEL
診察のご予約はこちら
診察のご予約はこちら

特殊検査

特殊検査について

近年、動物達も家族の一員、社会の一員として認識されるとともに、従来より高度で専門的な獣医療が要求されるように変化してきました。
当院では、予防医療から高度医療まで対応するために最新の医療設備を積極的に導入し、最新かつ最良の動物医療を学び、人と動物が幸せに共存できる社会作りへ貢献できるよう日々研鑽を続けています。

CT検査

当院以外にも、多くの紹介、依頼された症例の検査を行っています。

CT検査は、レントゲン、エコー検査では明確にできない、あるいは検出できない病変を画像診断でき、動物では検査に全身麻酔が必要ですが、今後のより良い治療の選択が可能となります。

CT(GE Brivo CT385)
CT
(GE Brivo CT385)
CT操作室(画像診断システム Advantage Workstation)
CT操作室
(画像診断システム Advantage Workstation)

よく診断する病気

脳腫瘍、水頭症、腫瘍を疑う眼球突出や顔の変形、耳道鼓室胞疾患、鼻腔内疾患、口腔内腫瘍、歯根病変、頚部・胸腰部椎間板ヘルニア、他の脊髄・脊椎疾患、右大動脈弓遺残、肺腫瘍、肺炎、胃・肝臓・膵臓・脾臓・腎臓・腸管などの腹腔内腫瘍、誤食による消化管異物、門脈体循環シャント、クッシング病の下垂体・副腎診断、腎尿管結石、前立腺病変、子宮卵巣腟病変、多骨折(複雑骨折)

副腎腫瘍

副腎腫瘍
副腎腫瘍)

肝臓腫瘍

肝臓腫瘍
肝臓腫瘍)

MRI検査

MRIは、主に神経疾患における脳脊髄の病変の画像診断に優れており、CT検査では診断に至らなかった疾患も多く診断できます。

CT検査と同様に動物には全身麻酔が必要ですが、紹介依頼された症例を含め、検査を実施しています。

MRI(0.3T 永久磁石型 AIRIS Vento)
MRI
(0.3T 永久磁石型 AIRIS Vento)
MRI操作室
MRI操作室

よく診断する病気

脳腫瘍、水頭症、脳奇形、壊死性・肉芽腫性脳炎、他の脳炎、キアリ奇形、脊髄造影を行わない椎間板ヘルニア診断、他の様々な脊髄疾患

脳腫瘍

脳腫瘍

NME(壊死性髄膜脳炎)

NME(壊死性髄膜脳炎)

内視鏡検査

消化管内視鏡検査は、動物用ビデオスコープを用いて行っています。
猫、小型犬から大型犬まで、用途に応じて外径、長さの異なる3種類を揃えています。

主に誤食した胃内異物の摘出や食道・胃・十二指腸・大腸の観察、組織検査に使用します。

内視鏡
内視鏡
2.8mmファイバー
2.8mmファイバー

他に、外径2.8㎜の極細径のファイバースコープに加え、外径3.3㎜のビデオスコープを導入し、今まで不可能であった雄犬の尿道・膀胱の検査が可能となりました。
それ以外にも鼻腔・気管・気管支などの観察、検査も実施しています。

オリンパス(URF-V)3.3mmビデオスコープ
オリンパス(URF-V)
3.3mmビデオスコープ

腹腔鏡検査

硬性内視鏡システムを使用し、0.5~1.0cmほどの皮膚切開を2~3箇所に施し、大きな切開による開腹手術を行わずに、腹腔内臓器の観察・組織検査を実施しています。

腹腔鏡ハイビジョンシステム
腹腔鏡ハイビジョンシステム
ユニット各種
ユニット各種

先端のユニットを換えることによって、膀胱鏡、鼻腔鏡、耳鏡システムとして使用でき、雌犬の腟・尿道・膀胱の検査、鼻腔や耳道の検査治療を行えます。
これらを用いて直接病変部を観察することで、より精度の高い診断と治療ができます。

ご予約・お問い合わせ

なりた犬猫病院へのご予約は、
お電話かWEBフォーム、
お問い合わせはお電話より承っております。
お気軽にご連絡くださいませ。

TEL:0569-29-3778

診療時間 日・祝
9:00~12:00
17:00~19:30 ×

★土曜日:午後14:00~17:00/休診日:日曜日午後・祝日午後

ご予約はこちら